世界を食べる?かんだがマジック!

とにかく世界を回ります! 食べたりふれあったり? かんだがさんが世界でコミュニケーション!

マジシャン達の帰国日である。
マークリーだけ前日に帰国した物の、残りの10名を成田に送らねばならない!
おみやげをたくさん買いやがって(笑)息より荷物が多い。
ミルト氏とアライ女史はロールスロイスで成田へ。
林号に私と集人・セバスチャン。
仁さん号にマイケル・ジョナサン・ダニー&彼女。
(ちなみに彼女の名前はステファニーでなくてステイシーでした)
リムジンバスでナビル夫妻を遠藤大河が連れて行く。
成田のビックボーイで最後の食事をとり、再会を約束してカードセット(笑)。
とにかく全員をターミナルから送り出しました(^^;)

とにかくすごい珍道中でした。
そして楽しい仲間達でした(*^_^*)
すてきなメンバーとそれぞれの国での再会を約束し、次への戦いが始まった事を
実感したのでした。

珍道中はこれからもまだまだ続くでしょう!
協力していただいたみなさん。
本当にありがとうございました<(_ _)>20060626105552.jpg

スポンサーサイト
このページのトップへ
とにかくイベントは終わった。
でも11人の珍道中は終わらない(^^;)
せっかく来ていただいたゲストの方たちには日本を堪能していただかねば!
朝食をいつものデニーズで取り、その後箱根に遊びに行くことにした。

集人とミルト氏・アライさんの3人は夕方まで自由行動。
夜には夜子ママのお宅でのホームパーティー!
残りのメンバーは、小林恵子の車に、ナビル夫妻に金森駿。
マスター仁号に、セバスチャン・ジョナサン・マイケル・ダニーコール
ステファニーに私。
マークリーは林敏明の送りで1日早く成田から帰国。

東名高速を一路、御殿場経由で箱根に向かう。
まずは芦ノ湖遊覧船。
オルゴール博物館に向かう。
ここで同行した女性達に手作りオルゴールをプレゼントと言うこととなり、
ダニーとナビルがオルゴールを作る。
性格の違いはとても面白く、ダニーはあっさり作り上げ、ナビルはこってり(笑)。
その後は寄せ木細工を購入。
ここは全員興奮のスポット!
セバスチャンは大人買いしていました(爆)。

その後は早雲山から大枠谷へロープーウエイでまわり、下山後は日帰り温泉。
そして露天風呂でマジック談義!
夕刻千住のさよならバーティーへ。
とにかくみなさんお疲れさまでした<(_ _)>
続そろそろスパート!続きは×7<マジシャン珍道中7>をお楽しみに(*^_^*)
20060625112555.jpg

このページのトップへ
おそらく日本の歴史の中に刻まれる最高のディナーパーティーの開幕!
集人・ダニー達は早くから赤坂プリンスホテルに移動。
リハーサルに入る。
ほかのマジシャン達は午後からの出発と言うこともあり、ハンズやドンキホーテで
それぞれのお買い物。
夕刻赤坂プリンスホテルに入る。
会場は500人のディナーパーティー!
入り口にF1の車が飾られ壮絶なほどの沢山の花束!
番組や取材などのスタンバイもはじまっている。
全員を控え室に移動させて軽食を取らせ、カードセット(笑)。
どこに行ってもカードセットはやめない外人達(*^_^*)
私は後を集人に託し、客席に向かう。
最前列の一番良い席に、ミルト氏と森内名人などと座る。

会場にアナウンスが流れイベントが始まる。
以下は箇条書きだがすべてのスケジュールを紹介しよう。

1・キャッスルマジシャン達によるテーブルホッピング。
2・会場が暗くなり中国雑技によるドラゴンと獅子の舞。
3・セイントカミユの司会により夜子ママ挨拶。
4・オアシスが留に囲まれてミルトが登場し、起立してアメリカ国歌斉唱。
5・キャッスルメンバーシップの授与式。
6・豪華ディナー
7・雑技団による色々な雑技。
8・緒川集人によるマジックショー。
9・社交ダンス日本・世界チャンピョンによるダンス。
10・夜子マママジックショー。
11・ダニーコールマジックショー。
12・ビックフィナーレ。

文章では表現しづらいがすごいショーでした。
その後は打ち上げで全員渋谷に移動!
私と森内名人だけは参宮橋おいらせに移動して少しゆっくりとさせてもらった。
明日は全員を箱根に連れて行く!
続きは×6<マジシャン珍道中6>をお楽しみに(*^_^*)20060623113541.jpg

ナビルマーダイ このページのトップへ
決勝ラウンドの日である。
ナビルは前日の負けがたたってか?ナーバスである。

コンソレーションも終わり、決勝1回戦のメンバーがそろった!
第1試合 松本正弘vsセバスチャン 勝者:セバスチャン
第2試合 マスター仁vsジョナサン 勝者:ジョナサン
第3試合 Mistyミュウvs神保賢孝  勝者:Mistyミュウ
第4試合 マークリーvs関根慶祐  勝者:マークリー
ベスト8に名乗りを上げたのはすべてがマークリーを除き、すべてが
キャッスルメンバーで統一された。
マークリーもビザの関係でキャッスル入りが出来ないだけで、もちろん
国際級のマジシャンであることは間違いない!

大会はステージコンテスト・ランチパーティーなどもつつがなく終了。
決勝ラウンドもすばらしい試合の数々となり、いとう広樹君の初優勝となった。

その後は打ち上げパーティーが深夜まで続いて、シマピョンが酔いつぶれたところで
お開きとなった(笑)。
明日はやこママ主催のディナーショー!
まだまだ気が抜けません。
続きは×5<マジシャン珍道中5>をお楽しみに(*^_^*)20060622112052.jpg

大会決勝進出のジョナサンです。 このページのトップへ
予選が始まった。
珍しく緊張してか?
ゲストマジシャン達から朝食はデニーズ以外とリクエスト!
ホテルのブレックファーストを取る。
全員でオリンピックセンターに移動して、ジュニアコンテスト。
もちろん彼らも審査をしたが、言葉がわからずとも結果はほぼ一緒。
色々と考えさせられることがある。

午後からはそれぞれの会場に移って予選が始まった。
結果はセバスチャン・ジョナサン・マークが決勝進出しブロック優勝!
惜しくもマイケル・ナビルは、Mistyミュウとマスター仁に決勝で敗れる。
ブロック優勝したのにはすべてキャッスルメンバーと言うことはさすが!
マスター仁に敗れたナビルはガックリと肩を落とし、奥さんに慰められていた。
その後会場を渋谷の勤労福祉会館に移し、テクニカルの決勝ラウンド!
ものすごい名勝負が展開された。
これを初めてみたミルト氏がエキサイト!
生まれて始めてみた競技で、こんな面白い物はないと絶賛!
それぞれの思いを秘めて決勝のために今回は打ち上げは無し。
まだまだはじまったばかりの珍道中でした(*^_^*)
続きは×4<マジシャン珍道中4>をお楽しみに(*^_^*)
20060621233350.jpg

このページのトップへ
6月1日、楽しい地獄の日々がはじまった(笑)。
ミルト氏の朝食はアライ女史にまかせ、ダニーと彼女は自由行動!
問題は残りのメンバー・・・・。
東武ホテル宿泊組はオープントーナメントに出場するメンバー達だ。
集人を含めて7人が朝食をとるスペースは、デニーズしか考えられなかった(笑)。
日本のデニーズのアメリカでの評価は3っ星レストラン!
ちなみにアメリカのでニーズがまずすぎる(笑)。
とにかく朝からワイワイガヤガヤとデニーズでカードセット。
カードセットも国際的になった物だ(*^_^*)
日本のスタッフも含めて、朝食だけで1万円札が消えて行く・・・・
恐ろしい(^^;)

昼からは東京観光!
江戸東京博物館・浅草・秋葉原の人気のコースをたっぷりとまわる。
昼食は浅草で高級?回転寿司を堪能!
昼食代も3万円を超える(^^;)(^^;)(^^;)
夕方からはダニーが合流で大江戸温泉物語でゆっくりとしてもらう。
私は集人やミルトしと合流して、夜子ママ主催の歓迎会に向かう。
このディナーがすごすぎるほどのレストラン!
フランス料理のフルコースで3時間たっぷり!
値段は想像できず(@_@)
深夜はミルトを送り、みんなで合流してお疲れさまでした<(_ _)>

そして滞在3日目。
レクチャーの日である。
朝食はいつものでニーズ(笑)。
その後はそれぞれが東急ハンズやドンキホーテへ。
ここは相変わらず外人さんに人気がある(*^_^*)
午後にオリンピックセンターに移動して昼食は館内のレストランで色々と頼む。
センター内のレストランでも万札が消える!
まるでマジックのようにお札が消えて行く(笑)。
その後はテクニカルの予選が始まり、外国勢の熱い戦いが始まった。
みんなテクニカルが大好き!
とにかく移動中の車の中でもいつでもカードセット!
夕方からはレクチャーがはじまる。
たっぷり3時間の濃い内容でした。
打ち上げはもちろん和民(笑)。
ここでもテクニカル外人対決が繰り広げられる(笑)。
明日からは大会初日!
続きは×3<マジシャン珍道中3>をお楽しみに(*^_^*)20060620113107.jpg

このページのトップへ
かくしてミルトラーセン氏の来日は2006年5月31日と決まった。
もちろん来日中のことを色々と考え、ロスで15年来の友人関係を持ち、
NHKの番組などでスーパーコーディネートぶりを発揮する、アライシゲコ女史に
通訳兼ミルト氏のお世話をお願いした。
その他に来日が決定したのは、マジシャンオブザイヤー(ステージ部門)の
ダーニーコール・彼女のステイシー、
サイパンからナビルマーダイ・奥さんのメイさん、
アメリカから、ジョナサンレビット・セバスチャンフィゲロア・マイケルゲンガー、
香港から、マークリー、
そして緒川集人を含め、総勢11名の豪華メンバーとなった!

最初に問題となったのは空港でのピックアップ!
とにかく、サイパン・アメリカ・香港と、3都市から11名が来るわけだから、
ピックアップ・移動だけで大イベントになる。
我々はミルトラーセン氏とアライ女史用にロールスロイスリムジン。
緒川集人・ダニーコール組用にリムジンタクシー。
マークリーとナビル夫妻用に林敏明所有の自家用車。
残りのマジシャンは、マスター人のワゴン車と振り分け、それぞれの滞在する
ホテルに向かわせることとなった。

ミルト・アライ・ダニー(彼女)・集人の宿泊先は、センチュリーハイアット東京。
マーク・ジョナサン・マイケル・ナビル夫妻・セバスチャンは、渋谷東武ホテル。
先回りした私がそれぞれをホテルでチェックインさせる。
すべての宿泊代を合計して、日本円200万円ほどである(^^;)
(もちろんミルト氏はファーストクラスでスイートルーム)
航空機もファーストクラスとビジネスクラスを何席か取ったためにすごい出費(笑)。
ミルト氏は夕食は軽くて良いとのこと、ホテルのラウンジで軽く時間を過ごして、
後はお部屋で休んでもらった。
(これで少しほっとする。)
同時進行で、渋谷の和民で歓迎会が行われる。
速攻集人たちを連れて、和民に向かう。
その後はとにかくすごい騒ぎで初日が暮れていった。
果たしてこの後はいったいどうなるのだろうか?
続きは続きは<マジシャン珍道中2>をお楽しみに(*^_^*)
20060619182451.jpg

このページのトップへ
とにかくすごい大会だった。
1・マジックキャッスルから”ミルトラーセン”氏を招くまでの色々な苦労話(^^;)
2・そして滞在中のマジシャン達とのエピソード!
3・大会裏話(*^_^*)
4・プリンスホテルでの、超豪華ディナーショー!
5・帰国後の色々な裏話など、数え上げたらきりがないほど!
現在はタイでリハ日リー中のかんだがさんが、ゆっくりとエピソードを
紹介して行きましょう(*^_^*)

まずは第1話

<ミルトラーセン氏召還!>
とにかく一度よんでみたかった。
もちろん私のアメリカでの恩人であり、尊敬できる人格者。
それだけでなく、世界のマジックの中心、キャッスルのオーナーである!
しかし彼のスケジュールはとてもタイトで、6月にしか時間がとれないとのこと。
そして彼を意味もなく呼ぶことは出来ない。
そんなとき、最近の私のマジックの弟子?である”夜子ママ”から提案があった!

大会のスポンサーの一部を負担するので、6月に大会をずらすことは出来ないか?
そうすれはそのときに、ディナーパーティーを主催して、ミルト氏も招待できる
とのことであった。

彼女は大会の運営にはいっさいタッチしないとのことで、非常に好意的に物事を
進めてくれるようだ。

私はミルト氏を呼ぶことを決意して、アメリカに飛ぶことになった。
夜子ママからは驚くほどの好意的な予算を組んでもらい、ミルト氏は
ファーストクラスのフライトで、スイートルームを確保することが出来た。

しかし物事はそんなに上手く行かない!
7月に大きなイベントがあり、ミルト氏の奥さんと旅に出る予定なのだが、
奥さんの体調が優れないとのこと。
突然ミルトからのメールが来なくなった。
3月の末のことである。

このままでは色々と企画しているイベントが上手く行かない!
私はアカデミーアワードの授賞式に合わせて渡米した。
緒川集人が2部門ノミネートされているからである。

かくして4月1日のアワードで緒川集人は、マジシャンオブザイヤーに輝いた。
これはミルトとコミュニケーションを取るチャンスである!

授賞式も終わり、二時間も終了した。
翌日からのキャッスルでは、緒川集人の周りにお祝いをするマジシャンが殺到した。
そしてその中にミルト氏も顔もあった。

私たちはおそるおそる彼に来日の話を再度打診した。
彼は奥さんのことを気にとめながらも、単独でなら来日が出来ることを告げてくれた。
チャンスである!
私たちは決してせかさないように、彼とメール連絡を取り合い、来日を具体化
させて行った。

かくしてミルトラーセン氏は来日することが決定した!
続きは<マジシャン珍道中>をお楽しみに(*^_^*)20060618121630.jpg

このページのトップへ

Information

かんだが
  • Author: かんだが
  • かんだがさんの旅の世界にようこそ!

Search

Calendar

05月 « 2006年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Archives

Categories

Links

Links

  • RSS