世界を食べる?かんだがマジック!

とにかく世界を回ります! 食べたりふれあったり? かんだがさんが世界でコミュニケーション!

IMGP0234s.jpg


6月27日(月)
帰国日である。
ハリウッドの事務所が居心地が良すぎて、帰りたくない。
ホームシアターで100インチオーバーの映画を見ることも
しばらくはお休み。
昼前にタクシーを呼んで空港に出発!
クリスフライヤーのゴールド会員であるため、出国はアメリカ
出会っても簡単。
途中エアラインのラウンジでまったりとして、余裕を持って
ゲートに向かうも、木偶地を間違えて反対のゲートに出てしまう。
あわてて走って反対のゲートに向かう。
今度は飛行機の出発が遅れていて待たされる。
最近はこんな事ばかり。
満員の機内は2本映画を見て、まったりと過ごせました。
時差の関係で到着は28日!
迎えに来てくれたマスター仁さんの運転があまりにも安心で
今までの旅が嘘のようでした(笑)。
とにかく又生きながらえてしまいました。
アンチかんだがのみなさん!残念でした<(_ _)>
スポンサーサイト
このページのトップへ
IMGP0225s.jpg


6月26日(日)
昨日のことを考え今日は車は無し!
午後からキャッスルに入る。
ファミリーデーのため、スーツ無しで入れる。
この日以外はキャッスルには行かない!
なぜならスーツが嫌いだから(笑)。
イルマノ部屋でビールを一杯飲む。
まったりとしてとてもいい感じ(*^_^*)
この瞬間だけは癒される時間です。
その後は事務所で映像データーをチェック!
事務所は居心地が良すぎてやばい!
毎日ホームシアターで映画を見てしまう。
明日は帰国!
無事に帰れますやら・・・・? このページのトップへ
IMGP0208s.jpg


6月25日(土)
午前中にハリウッドマジックで買い物。
昼飯はモントレーパークで海鮮火鍋をいただく。
駐車場の順番待ちで、中国人ともめる。
どうも中国の人達は(全員ではないが)割り込んでくる。
Misytミュウの運転はそんな割り込みは許さない!
食後、中国茶館でコーヒー?をいただき、中国漫画雑誌を読む。
・・・・・・
少年ジャンプと少年マガジンそのものであった。
帰りのフリーウエーを走行中、ブレーキに異変!
とにかく効きが甘い!
と言うか甘すぎる!
Mistyミュウの運転にこのブレーキは命がいくつ会っても足らない?
とにかく徐行運転で事務所の駐車場に車を入れる。
何か、車が焦げ臭くなっている。
とにかく怖い一日でした。

IMGP0213s.jpg

このページのトップへ
IMGP0203s.jpg


6月24日(金)
今日は買いをしながら物本格的運転にチャレンジ!
家具のアイケア・電気製品のフライズなどをまわり、昼食は
ユニバーサルスタジオへ。
ゴールドメンバーと言うことで、駐車場とテーマパークは全て
無料になる。
もったいないので、ターミネーター3Dだけ見てくる。
贅沢な使い方である。
その後、ハードロックカフェでちょっとマジックを撮影!
帰途につくが、運転の方はどうしても車線の右に寄ってしまう
ようで、個人的にはとても怖い(^^;)
嵐の前の静けさなのだろうか?

IMGP0197s.jpg

このページのトップへ
IMGP0200s.jpg


成田を出発!

月に一度のハリウッドへの旅も今回は特別!
マジシャンMistyミュウが、アメリカで活動をするための
下準備に同行することになった。
SHOOT君がスペインに仕事で不在のため、彼女の運転で
この旅を乗り切ろうと言うことになった。
しかし彼女は典型的なペーパードライバー!
それも配点ションで運転する・・・・(^^;)
日本で、マスター仁さんのコーチにより、とりあえずは
車が前に進むようになったので、思い切ってトライする。
成田に到着するまで、仁さんにかわり少し高速を走ってみるが、
やはりなぜか不安な運転である。

飛行機は定刻より少し遅れて、9時間30分ほどでロスに到着。
その後タクシーで、ハリウッドにある事務所に到着!
タクシーの運転手がどちらかというと暴走気味で、悪い影響を
うけなければいいが・・・・。
その後買い出しをするために、ラルフスと言う名のスーパーまで
とにかくドライブしてみる。
思ったほどの不安はなく、今日の所は安全に一日を終えた。
明日はどうなる事やら・・・・・・(^^;) このページのトップへ
アジアから帰ってちょっと落ちついた。
今度は23日からアメリカである。
仕切直しをしてがんばらねば!
新しい映像機器も買いそろえれたし、ブログも新しいシリーズ
に突入使用と思っています。
お楽しみに(*^_^*) このページのトップへ
色々ありました。
しかしかえって思い出がいっぱい。

早朝のチャンギ空港から成田に向けて6時間のフライト。
帰りのリムジンバスは渋滞もなく快適。

もう一度トライすることを誓って・・・・・・
・・・・・・。
アジアは侮れない(^^;) このページのトップへ
当然下痢をしてトイレに駆け込む。
ここはとても綺麗なトイレ・・・・・
・・・・・
紙がない・・・・・・。
とりあえずバンコクのトイレで間違って買ったペーパーで人間の尊厳を
維持することに成功する。
(1バーツで3枚しか入ってないのを二つ使用)
その後はチャイナタウン・ブギストリートなどを経て、ホテルに戻る。
少し休憩の後、和食を取りに街に繰り出す。
この和食屋は伊勢丹(勿論シンガポール)近くにあるお店。
味も良く、値段も程良く高く(おすすめ出来ません)満足。
その後食い過ぎで歩けず、ホテルまでタクシーを使う。
歩いて5分の道のり。
疲れすぎて、深夜まで熟睡でした。

深夜をまわった0時20分に目が覚める。
このまま帰国は寂しすぎる。
隣のシェラトンまで飲みに行く。
とても良いホテルで、バーもすてき(*^_^*)
30分で閉店となる・・・・・(/_;)
仕方なく、前日中国人のと相席のバーに向かう!
中は相変わらず盛り上がっていたが・・・・
閉店だとぬかす!

ホテルフロントでビールでももらおうと聞いてみたら無いという。
しかし!
歩いて10分以内に、屋台村があるという。
これほどついていないと、どうとでもなれ!
って、感じで行ってみる。

この後、さあ以後のシンガポールの夜は、屋台村で癒されました。
人のふれあいとはすてきなもの(*^_^*)
この続きは別の機会に書きましょう。
二度と行かないと誓いそうになったシンガポール。

今はつぎの旅の拠点として、もう一度来ようと決心するまでに
なりました。
人のふれあいとは素晴らしいものですね(*^_^*)
0008s.jpg

このページのトップへ
href="http://blog-imgs-1.fc2.com/k/a/n/kandaga/0007.jpg" target="_blank">0007s.jpg

そして安いホテルから荷物を全て移したのは朝!
とりあえず二つホテルを維持した。
比べてみて安い方はどう考えても駄目!
昼過ぎにドムアン空港にタクシーで向かった。
今日からシンガポール入りである。
ラッフルズクラスのラウンジで食事を取り、
その後しばし空港のマッサージでまったり・・・・・?
・・・・・!
まったりしすぎた!
ボーディングタイムをすぎてしまった!
とりあえず走る。
あきらめかけたところ、チケットの表示に
間違いがあることを発見!
せっかくほぐした肩が、荷物でコリコリ(T_T)
移動中は快適で過ごせた。

が、
ここからが大変。

タクシーでホテルに向かうのだが、乗ったタクシーが
自称!シンガポール一最年長の運転手。
(ロン・ウイルソンとバーノンを足した感じ)
とにかく耳が遠い。
歯がないから発音がわからない(笑)。
前にトラックがいてもクラクションをならすだけで
ぶつかるまで(ホントに)スピードを落とさない!
車線なんて全然変えない。
おまけに、鼻くそをほじくったまま、
(正確には鼻に指をつっこんだまま)運転をする。
突然鼻をかむ!
当然渋滞になる。
おまけに到着したホテルは別のホテル。
とにかく事務所に電話で遺言を残しながら(笑)ホテルに
到着するまで身を守り続けた。
第一の悲劇が終わった。【“悲劇の始まり”の続きを読む】 このページのトップへ
朝起きて、とっととホテルを変えることを決意!
近くのモンテインホテルに決定!
半分だけ荷物を持ち、歩いて5分の道をトゥクトゥクに乗る。
値段を交渉すると100バーツだとぬかす。
むかついたが疲れていたので乗る。

移ったホテルは快適でネットもOK!
ほぼスイートルーム状態(*^_^*)
ホテルで知り合った親父と意気投合!
夕刻から飲みに行くことにした。
・・・・・・
日本の親父恐るべし!
結局深夜3時頃まで(最後は親父の部屋で)飲み明かす。

そして悲劇がこれから始まる。0006s.jpg

このページのトップへ
0004s.jpg

その後バンセンという、タイ人が好むビーチへ出かけた。
東京の江ノ島のようなもの。
ビーチの屋外レストランで頼みもしないのにシーフードで酒盛り。
私のイスは壊れていて、大きな音を立てて崩れ落ちた。
大笑いをする運転手のイスも、その数分後に崩壊(笑)。
とにかく地元向けでちゃっちい!

それなりに楽しんで夕刻バンコクに戻り、ホテル探し。
なぜならば本来はみやんまーに行っているはずなので、アンバサダ
は、とっくに引き払っている。
シーロム駅の近くに日系の安宿を発見して、とりあえず収まる。

夕食後事件発生!
巨大なホテルのベッド(相当安物)が、真ん中から陥没!
その他居心地悪すぎ(>_<)
怒りながらとりあえず酒を飲んで寝る。
0005s.jpg

このページのトップへ
0003s.jpg

タクシーの運転手と友達になった。
とにかく200キロ以上走って、2000バーツで行ってくれると言う。
5000円ぐらいである。
メーターだけなら1000バーツで行くと思うが、往復の料金を払った。

快適に整備された高速道路を2時間ほどドライブすると、パタヤの
ビーチが見えてきた。
ベトナム戦争時のアメリカ軍の保養地と言うこともあり、日本人は
あまり見かけない。
だから嫌らしいぐらいしつこい客引きが少ない。
街のあちこちでバーがオープンされていて、タイ式ボクシングが
至る所で観光客向けの試合を行っている。

安いけどボリュームのあるシーフードをたらふく食べて、その日は
深夜まで、ホテルのミュージシャン達と遊んだ。
このたびが一番楽しかった時期でした・・・・・・。
海の見える部屋でNHKを見ながら?その日は休みました。 このページのトップへ
早朝しっかりと目が覚め、タイからミヤンマーにわたる計画を実行
に移すべく、地元旅行社と交渉。
噂によると、ミヤンマーの首都”ヤンゴン”で、少数民族のテロが
勃発!
相当の死者も出ているようだ。
何か入れなさそう?

結論から行って断念!
考え方を変えて、南のビーチを攻めてみようと決定!
とにかく準備を終わらせ、今日はタイの市内をMRTを使って散策。
歩きなれた土地なので普通にまったりと過ごしてしまいました。
とにかく禁酒日が続く中、スケジュールが変更はつらい。
酒でも飲めれば色々と遊べるんだけど・・・・・(;_;)
0002s.jpg

このページのトップへ
0001s.jpg

突然の企画で申し訳ありません<(_ _)>
2005年の6月19日でなんと。50才になってしまうかんだが
さんが、アジアをまわる企画を決行!
6月8日の早朝に成田空港を出発しました。

7時間のフライトの後、まずはシンガポールに到着。
ここはとりあえず中継点と言うこともあり、ラッフルズクラスの
ラウンジでまったりと2時間ほど過ごし、タイのバンコクへ向かう。
当日はサッカーワールドカップ予選と言うこともあり、バンコクは
盛り上がっているかなと思いきや、地元の人は無観客試合をやって
いることも知らない状態。
そんなことも気にせず、2日ほど滞在予定のアンバサダホテルへ。
デラックスルームを取っているので快適(*^_^*)
今回の計画を練りつつ、早めの就寝。
翌日からの壮絶な戦いが嘘のよう・・・・・・(^_^)v このページのトップへ
6月の15日まで、アジアを旅してきます。
しばらくは書き込みが出来ナスかもしれません。
楽しい写真を撮ってきます。
お楽しみに! このページのトップへ
DSC_0047s.jpg

エジプトカルナック神殿の内部の壁画です。
フラッシュ無しで撮影できるのも最近のデジタルカメラの力!
ISO-6400と言う、驚異の感度で撮影できます。
神殿の中は幻想的で言葉に表せないすばらしさがありました。 このページのトップへ
DSC_0028s.jpg

怪しげな3人組!
バックはアスワンダムです。
作っては見たものの、使いものにならなくて。
作り直したという、曰く付きのダムです。
怪しい3人の旅はまだまだ続きます。 このページのトップへ
DSC_0058s.jpg

ここは王家の谷です。
何かまぶしそうですが、実は気温が50度あるんです。
つまりここは死の谷何ですね。
どもとの人も夏はここには来ないそうです。
恐るべし観光客! このページのトップへ
DSC_0079s.jpg

エジプトはルクソール近辺のナイル川の船旅です。
ヌビア人の船長さんと一緒に写真を撮りました。
夕日のナイル川はとても美しく、らくだに乗った少年達が
対岸を走り回っています。
対岸には王家の谷があります。 このページのトップへ
DSC_0055s.jpg

このコーナーも最後の友達の紹介になります。
とにかく写真がなかなか探せない(^^;)
やっと見つけたエジプトのホッサム君の写真です。
自分では西郷さんか武蔵丸って言っています(笑)。
日本語も堪能で性格も穏和、ナイスガイです。
日本からのツアーコンダクターが病で倒れたときに、
二人で25人を引っ張って旅をしました。

次回からは世界の思い出の写真を紹介します。 このページのトップへ

Information

かんだが
  • Author: かんだが
  • かんだがさんの旅の世界にようこそ!

Search

Calendar

05月 « 2005年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Archives

Categories

Links

Links

  • RSS